青汁 栄養 野菜不足

青汁の栄養について深く考察するブログ

野菜不足が青汁の栄養でどれくらい補える?

1日に必要な野菜の量は?

青汁は体に良いという話を聞くことがありますが、一日にどれくらい摂取すると野菜不足が補えるのでしょうか。青汁といっても多種多様な商品が出ていて、1回に飲む量が違ってきますが、青汁1回分で約50g~100gという商品が多いようです。製品によっては野菜何g分相当か表記されているものもありますが、詳細な栄養素が表記されていて野菜に換算すると何g相当かわからないケースもあります。

一般的に成人が必要としている野菜の摂取は、1日あたり350gが理想量だと言われています。さらに望ましくは、その350gのうち120gを緑黄色野菜で摂り、残り230gをその他の野菜で補うのが理想とされています。具体的に野菜を挙げて説明すると、緑黄色野菜120gはミニトマトが1個約10gなので12個で約120gです。その他の野菜230gはキュウリが1本約140gなので1本半食べるとだいたい230g摂取できることになります。

キュウリとトマトだけではなく他の野菜もバランスよく食べることがお勧めですが、なかなか摂取量を計量して食事をするのは難しいのではないでしょうか。毎食サラダと野菜の小鉢を取り入れていても、1日を通して何g食べたかは具体的に数値化するのは大変です。

普段どれくらい野菜を摂取出来ているの?

一般的に言われているのが、家庭で料理をして3食きちんと食べていても1日の野菜摂取量は240g~270gのようです。外食がメインで付け合せにサラダを買って食べるように心がけている人でも、200g~250gと不足している傾向にあります。野菜嫌いでサラダや野菜炒めなど、野菜がメインの料理は食べない人なら更に野菜不足は深刻です。

普通に野菜を摂取するように心がけている人でも実際には、約100gは理想とされる1日の野菜摂取量に満たないのが現状です。そこで、効率よく補えるのが青汁ではないでしょうか。

青汁で不足している栄養を補える?

1日に必要な野菜の量が350gなので、青汁だけでまかなえるものではありませんが、普段の食事にプラスすることで、理想に近い健康的な食生活が送れます。勿論不足している野菜が100gなら食事で野菜をプラスするのも1つの方法ですが、手軽に効率よく摂るという意味でも青汁は便利です。

粉末の商品や錠剤の商品など持ち運びや保存に便利な商品も出ているので、外出先でも手軽に使えるので、毎日の習慣にするのにもお勧めです。特に食生活が乱れがちな人にとっては、取り入れやすい形状の商品を選べるので、続けやすいのではないでしょうか。成人病の予防にも野菜の摂取は心がけていくことは大切です。

 

この記事に関連する記事一覧