熊笹 青汁 栄養

青汁の栄養について深く考察するブログ

熊笹の青汁の栄養って知ってた?

青汁でよく聞く原材料について

市販の青汁でよく聞くのはケール、大麦若葉、明日葉ですが、最近、熊笹の青汁という商品をみることがあります。よく見かけるケール、大麦若葉、明日葉ですら、その原材料を実際にスーパーや八百屋で見かけたことはあまりないですが、熊笹はなお一層どのような植物で、どのような効果があるのかピンとこないのではないでしょうか。

そもそも青汁で注目されている原材料は、栄養価が高く優秀な野菜ですが、なぜ食材として流通していないのでしょうか。それは、ずばり独特の味や香りが普段の食卓には受け入れられない為です。

ケール・大麦若葉・明日葉の特徴

青汁で知名度が上がったケールですが、キャベツのように結球しない為に大きな葉の状態で鮮度を保って市場に出すのは難しく、しかも、独特の青臭さは好みが分かれる食材です。今栽培されているケールのほとんどは、青汁の製造会社と専売契約をされていて、市場に出回ることはあまりなくなったのが現状です。

大麦若葉は大麦の栽培過程での若葉の状態のもので、食材として流通することはなく、若葉の状態の栄養素に注目されて青汁という製品化に使われるようになりました。独特の臭みはなく、抹茶に似た風味は飲みやすく、青汁の香りが苦手な人にも飲みやすいのが特徴です。大麦若葉を食材として調理することはないので、見かけることがない食材です。

明日葉は、一部の地域では食用として利用していて、てんぷらやお茶にして親しまれていますが、独特の苦みや香りがあるために、市場に流通しない野菜です。

熊笹ってどんな植物?どんな栄養価があるの?

さて、一番気になる熊笹ですが、北海道の山中に自生する植物で熊が好んで食べる笹ということから、熊笹という名前が付いたと言われています。熊笹にはクロロフィルと呼ばれる葉緑素が多く含まれていて、この葉緑素が悪玉、善玉それぞれのコレステロールのバランスを調整してくれます。そのバランス調整により血栓を予防する効果が産まれてきます。胃腸を整え、腸内に溜まった老廃物を排出してくれる効果もあるので、漢方薬や茶葉として利用されていたこともあるようです。多糖体と呼ばれる、免疫機能を上げる効果もあるので、アレルギーや発がん性物質まで抑制してくれます。ビタミンや食物繊維は他の原料の青汁と大差ありませんが、熊笹の青汁の特徴は、口臭や体臭を抑える効能があることです。これは、他の青汁にはない効果ではないでしょうか。しかも、大麦若葉の青汁に次いで、青臭さが少なく飲みやすいのも特徴です。

原料によって青汁の栄養素や効果も違いますが、続けることが効果アップの秘訣です。原材料の特徴や由来を知って、青汁を飲むのも続ける為のコツかもしれません。体に良い効果を知ると、安心できるのではないでしょうか。

 

この記事に関連する記事一覧